WiFiレンタルのおすすめは?選び方、料金、受取返却方法

おすすめのWi-Fiレンタルまとめ記事

こんにちは!

転妻ひさこです。

今回は、転勤族もお世話になってるおすすめのWi-Fiレンタルの話。

手続きは?

料金は?

返却ってどうするの?

引っ越し当日や、旅行中、入院中にネットが使えないとつらいですからね。

最近、我が家も、自宅のネットを切り替える合間の数日間、レンタルしました。

ここでは、おすすめのWi-Fiレンタルの手順や料金、速度や使い勝手などなど。

節約主婦がありのままにぶっちゃけます。

WiFiレンタルを検討中の方の参考になれば嬉しいです。

 

今回利用したのはこちら↓↓

 

スポンサーリンク

WiFiレンタルが必要なとき

改めまして!Wi-Fiレンタルしたいときってこんなとき↓↓

  • 引っ越し先のネット開通まで日にちが空いたとき
  • 入院
  • 旅行
  • 出張
  • 一人暮らし(単身赴任)
  • 外出先(あったら嬉しい)など

意外と短期間ネットが欲しい時ってありますよね。

 

WiFiレンタルの選び方

どうせなら、安くて融通がきいて、楽なのがいい。

具体的にのぞむのはこんなWi-Fiレンタル。

  • 料金が安い
  • 期間を選べる(1日、2泊3日、1ヶ月など)
  • 手続きが簡単
  • 受取、返却方法が幅広い
  • 商品が豊富(キャリアが選べる)

 

意外と沢山あることが判明(汗)

 

これらを一括で比較できれば一番選びやすいですよね。

 

そこで、転妻仲間にリサーチしたところ、「WiFiレンタルどっとこむ」をおすすめされました。

ここは、Wi-Fiのサービスや端末を一発で比較できるので便利とのこと。

価格ドットコムのWi-Fi版みたい。

 

最初はそんな感じでインプットしました。

 

WiFiレンタルどっとこむで比較

もっと詳しく知りたかったのでWiFiレンタルどっとこむをリサーチ。

すると、かなり柔軟にいろいろ選べるうえに、手続きが簡単なことがわかりました。

 

レンタル期間

日付指定で1日、1週間、1ヶ月と自由に選べる

宿泊予約みたいにカレンダーから選べるのでわかりやすいですね。

商品端末の種類

10種類以上のポケットWi-Fi(Softbank、AU、WiMAX)の中から選べる。

店長のオススメ!とか、データ量、料金の違いが一目瞭然なのでユーザーにとっては選びやすい。

 

データ通信量

5GB、7GB、10GB、無制限とある(商品によって違う)

ただし、WiMAXは3日で10GBの制限がある。

きちんとデータ制限についても説明が書いてあるので親切。

料金

1日300円前後でレンタルできる。

期間が長ければ長いほど、1日あたりの料金が安くなるしくみ。

一番大事なところ。比較できるからGood

受取方法

自宅や病院、コンビニ、宿泊先のホテルなどへの宅配。そのほか空港カウンター(7カ所)で受取れます。郵送の場合、13時までに申し込めば当日発送も可能。空港は当日受取り×。13時以降の翌日受取も×。

宅配、空港、コンビニ受取すべて発送料(空港の場合手数料)は1台500円かかる。

 

時間や場所に縛られずゲットできるのは嬉しい!

返却方法

宅配便、ポスト、空港カウンターと選べる。

しかも、受取と返却は別の方法でもいい。ポスト投函は利用期日の翌朝8時まで。

送料はユーザー負担、空港返却手数料は1台500円、ポスト返却は1台470円。

一番めんどくさいところが選べるのはポイント高いですね。

 

WiFiレンタルの手続き流れ

「なんか良心的で簡単そう・・・」と思えたので申し込むことにしました。

(所要時間:5分)

WiFiレンタルどっとこむ申し込みページ

 

1.端末を選ぶ

利用目的に応じて選ぶ。

とりあえず、ゲームとネットサーフィン、SNSができればいいので、そんなにデータ量はいらないかな。2番目に安い端末を選びました。

 

2.受取方法を選ぶ

宅配便、コンビニ、空港受取から選ぶ。

一番楽な宅配便で自宅へ送ってもらうことにしました。

 

3.返却方法を選ぶ

宅配便、ポスト投函、空港から選ぶ。

いつでもOKなポスト投函を選びました。返却期日の翌朝8時までに!となってるけど、早めに投函しようかな。

 

4.利用期間を選ぶ

カレンダーから日付を選ぶ。

自宅のネット工事期間だけ必要なので、1泊2日だけレンタルすることにしました。

 

5.その他サービス、オプションを選ぶ

補償サービス1日40円、無線子機やカーチャージャーなどがあります。

我が家は不要なので選びませんでした。

 

6.お客様情報を入力

氏名、性別、生年月日、TEL、メアド、住所、利用用途、クレジットカード情報を入力。

ここで申込内容(端末、利用期間、料金の見積もり)がわかるのでチェックしました。

上記を入力後、「申し込み」完了!

WiFiレンタルどっとこむの見積もり画面

 

7.レンタルWiFi受取り

↓↓午前中にバッチリ機器到着!!

レンタルWiFi機器到着

 

梱包していた袋を開けると専用のケースに入っている。

レンタルWiFi機器収納ケース

 

同梱物

レンタルWiFiの返却袋と送付状

  • 次回利用クーポン3枚
  • 海外用割引クーポン4枚(紹介用、自分用)
  • 返却時の袋、伝票
  • アンケート

 

ケースの中身

レンタルWiFi収納ケースの中身

  • ご契約内容のご案内
  • お客様確認シート(梱包物の確認)
  • ポケットWi-Fi機器、ACアダプタ、USBケーブル
  • 機器の取り扱い説明書

 

ポケットWi-Fi機器(UQWiMAX)

WiMAXのポケットWi-Fi

青い→の部分に接続情報(SSIDとパスワード)が書いてる

 

レンタルWiFi利用開始

いざ、UQWiMAXの電源を入れてスタート!

動画は控えめに、ゲームとSNS、ネットサーフィンをメインに使いました。

 

8.機器返却

同梱されていた送付状に自分の住所を追記する。

同梱されていた返却用袋にケースごと入れる。

送付状(シールタイプ)を貼り付ける。

ポストへ投函!(翌朝8時まで)

WiFiレンタル機器ポスト投函

終了!!

 

WiFiレンタルを使ってみた感想

WiFiレンタルは、急遽だったり、短期間欲しいときに手の届くサービス。

今回は1泊2日借りて1780円でした。

これが1週間となると3000円を超えてきます。

長期的に考えるとレンタルではなくWiMAXやポケットWi-Fi、もしくはネット回線をひいたほうがコスパはGood。

でも、短期間、急に欲しいときは手続きも簡単で、すぐにゲット出来て、即使えるレンタルはホントありがたかった。

今後も、引っ越しや旅行先、出張で必要な時にちょくちょくレンタルしようと思います。

手軽に簡単に使えるのが最大のメリットですね。

WiFiレンタルどっとこむ速度

ちなみに、UQWIMAXを借りて速度を測ったら60mbps前後でした。スイッチでフォートナイトをやってみたのですが、いわゆるラグいです^^; ただ、普通にyoutubeみたり、SNSしたりネットサーフィンしたり仕事で使う分には全く問題ありませんでした!

WiFiレンタルどっとこむ速度

 

短期間、急に必要なときはWi-Fiレンタル

 

恒久的にコスパを重視した利用ならWi-Fi契約

こちらに詳しくまとめています↓↓

単身赴任におすすめのインターネット!月3千円台解約金なし契約

転勤族のWi-Fi事情。引越しが楽なインターネットの選び方

生活転勤族
スポンサーリンク
関連コンテンツモバイル
関連コンテンツPC
フォローする
夫は転勤族!妻の悩み解決ブログ

コメント