単身赴任におすすめのインターネット!月3千円台解約金なし契約

単身赴任におすすめのインターネット

こんにちは!

単身赴任中の夫ひでおです。

突然ですが、どこのネット回線を使ってますか?

初期費用が安くて・・・

月々の料金が安くて・・・

突然の異動でも違約金がかからず解約できて・・・

なのに、速くて、快適。

そんなネットあったらすぐにでも使いたいですよね。

ここでは、単身赴任や一人暮らしで少しでもネット代を節約したい方におすすめのネット回線を実体験を元に語ります。

月3000円台で光回線を手に入れませんか^^

スポンサーリンク

ネット契約の落とし穴

誰でも1度は複雑なネット契約に悩んだことありますよね。

インターネット契約の落とし穴

キャッシュバックと言っても、最低2年利用の縛りがあったり。

解約月の1カ月間しか、違約金なしで解約できなかったり。

1年目はメチャクチャ安くても、2年、3年後にグングン料金が上がったり。

とくに僕みたいな、転勤族で単身赴任をしている一人暮らしのおっさんにとって、一定期間利用しないと損する契約はリスクが高いんです。

突然の引越しのせいで、せっかく契約したばかりのネットを1年以内で解約した挙句、解約金を払った上に、引越し先でネットをひくための工事費用まで払わされたりするので(経験あり)

最初の5~6年は、引っ越しする度にネット代にお金をつぎ込んできました。

もっとシンプルで安いネットってないんかい!!!

とはいえ、スマホやネットってスペックばかり目がいって、先のことまで考えずに手を出してしまいがちなんですよね。

あとでよ~く考えると、けっこうなお金をつぎ込んでいたりするもの。

逆に言えば、選び方次第で半額以下におさえることもできるので、一番テコ入れしやすい箇所でもあります。

じゃあ、どんなネットだったら得なのか?

ちょっと整理してみました。

単身赴任に向いているネット契約

ザっとこのような結果に↓↓

  1. とにかく月額が安い
  2. 違約金なしでいつでも解約できる
  3. 何年利用しても価格が上がらない

3つともにあてはまるネットって意外とないですよね。

それでも、転勤15年。

引っ越し経験10回以上繰り返しつつ、同僚や、先輩、妻関連からの情報を集めるとあてはまる回線を発見。

「enひかり」

※一応言いますが、enひかりの社員ではありません^^;

実は僕も東京への引越しを機に使い始めました^^

本当に安くて、契約がわかりやすくて、縛りが無くて、解約金もありません。

価格ドットコムにも載ってない、ネット系の広告にもなかなか出てこない、知る人のみぞ知るレベル。

きっと広告費にお金をかけるよりも、ネットの利用料を下げられるまで頑張った会社なんでしょう。僕の望みをすべてクリアしてました。

見つけたとき、まるでお宝を探し当てたポチ並みに嬉しかった^^;

あとで聞いてみたところ、同じ転勤族の同僚や単身赴任している先輩の中にも「enひかり」愛用者が多いことが判明しました。

単身赴任に人気のenひかりとは?

「プロバイダ」+「光回線」のセットを業界最安値水準で提供している会社。

enひかりは、最近よくきく「光コラボ回線」の1つでNTTのフレッツ光回線を使っています。なのでスピードが速いだけでなく、提供エリアも全国レベルです。

NTTが足回りだと聞くと、その実力はお墨付きをもらったようなもの。

あとは気になる料金です。

インターネット契約にかかる費用

単身者の住居を想定しているのでマンションタイプでお話しします。

ネット契約にかかる費用は以下の通り↓

初期費用

■新規の場合

事務手数料3000円

工事費用2000円~15000円

※住居に工事の必要があるかによって価格が違う。申し込みの際に値段をある程度確認できるので安心。

転用の場合(別の光コラボから乗り換える場合)

事務手数料のみ2000円

月額利用料

マンションタイプ3300円

※ちなみに戸建てタイプは4300円

オプション

必要時応じて追加で契約OK

  • enひかり電話500円/月
  • enひかり固定IP700円/月
  • enひかりV6プラス180円/月

他あり。

とくにV6プラスを180円で利用できるのは嬉しい。

夜間帯にネットが混雑しないように高速インターネットを使えるようにしておきたいからね。

ゲームや動画を楽しむなら入っておきたいサービスです。

解約金0円

契約するときは慎重でも、解約って盲点ですからね。

とくに引越しが多い身にとって、解約時心配いらないってホントありがたい。

よくよく調べてみると、enひかりの努力の賜物だと判明。

NTT光回線を直接卸しているだけでなく、余計なサービスや代理店をはさまず、自社の力で実力を浸透させてきた会社が、落とせるだけ落とした価格ですからね。

解約金なしの他社回線と比較

指定契約年数と解約金の縛りのない回線だけをピックアップしました。

ザっと3社紹介します

まず、新規契約の場合の各費用の比較↓↓(マンションタイプ)

光コラボ新規契約比較表

月額利用料ではenひかりがお得。

工事費無料や、キャッシュバックキャンペーンに心惹かれますが、よくみると指定利用期間が設けられているので、期間内に解約してしまうともらったお金を返金するはめに。

つまり、まったく縛りや解約金がないのは、enひかりと、エキサイト光。

とくにenひかりはUQモバイルユーザーに割引があるので頭一つ出ています。

合わせて転用契約の比較表もどうぞ↓↓

光回線転用契約の比較表

転用の場合、工事費がほぼかからないので、月額利用料だけで比較すればおのずとenひかりを選択することに^^

3社の紹介と申込ページも載せておきます。

excite光

プロバイダBB.exciteと光回線のセット。

申込ページ:【excite光】


DTI光

auスマホユーザーなら更にお得なのが魅力。

申込ページ:DTI 光


ぷらら光

NTT系ぷららと光回線のセット。3年以上の利用が決まっているなら、キャッシュバックキャンペーンを狙うのもあり。

※キャンペーンは不定期なので申し込み画面で確認を^^

申込ページ:ぷらら光

比較してみると・・・・

価格に大差ははないものの、シンプルさではenひかりがブレてない印象。

何か見落として失敗・・後悔はしたくないですからね。

わかりやすいのが好きな方はenひかりがおすすめです。

スマホ割引

enひかりなら、UQモバイルを使えば月額100円引きの3200円に!

ただし、自動的になるのではなく、こちらからenひかりに連絡して申請する必要があります。

それでも、月額料金が更に安くなるなら申請するする!^^

この機にUQモバイルにMNPもありかなと^^
UQ mobile

enひかり申込方法

2パターンそれぞれ説明します。

  1. 新規
  2. NTTフレッツ/光コラボ回線からの転用の場合

新規の場合

ステップ1.enひかりのページから申し込む(所要5分程度)

  • 新規
  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • 電話番号
  • メアド
  • 住所
  • 開通工事希望日
  • 支払い方法(クレジットカードor口座振替)
  • enひかり申込タイプ(マンションor戸建て)
  • 各種オプション申込欄

ステップ2.後日enひかりから連絡。申込内容の確認や工事日の調整。

ステップ3.必要な場合は本人確認の書類提出

ステップ4.光回線の開通手続き

完了!

転用の場合(光コラボから乗り換え)

ステップ1.NTTから「転用承諾番号」もしくは、光コラボレーション事業者から「事業者高承諾番号」をもらう。

NTT東日本フレッツ受付センター TEL:0120-140-202
NTT西日本光番号受付センター TEL:0120-553-104
Webで取得する場合 NTT東日本取得ページ

ステップ2.enひかりのページから申し込む(所要5分程度)

  • 転用
  • 転用承諾番号・事業者変更承諾番号
  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • 電話番号
  • メアド
  • 住所
  • 開通工事希望日
  • 支払い方法(クレジットカードor口座振替)
  • enひかり申込タイプ(マンションor戸建て)
  • 各種オプション申込欄

ステップ3.後日enひかりから連絡。申込内容の確認や工事日の調整。

完了!

単身赴任におすすめのネット回線まとめ

どこのネットを利用するかによって、月々のネット代金を大幅に削減できます。

とくに単身赴任や引越しの多い方は、なるべく期間や契約に縛られないでいたいものです。

今回おすすめしたenひかりは、僕の実体験を元にお話ししました。

高速な光回線を月3500円前後で使えるだけでもありがたいのですが、一番うれしいのは急な異動を強いられることになっても、解約金で泣かずにすむことかな(;^_^A

色々試してきたけど今のところ大満足です^^

enひかりのページ

※転勤族から圧倒的な支持のあるWi-FiならSoftBank Air

追記:インターネットをゲットしたら、映画やアニメ等エンタメ要素を増やして孤独を乗り切りましょう!(僕も絶賛活用中。単身赴任歴2年アラフォー)

U-NEXTは31日間の無料視聴あり。

関連記事:転勤族のWi-Fi事情。引越しが楽なインターネットの選び方

関連コンテンツPC
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加