中学生がポピー教材で部活と両立!値段、使い方、レベル解説

中学ポピーが家庭学習によい理由

こんにちは!

主婦ひさこです。

我が家は月刊ポピー歴4年です。(小4→中1)

中学生になったけど、ポピーを続けて行く所存です。

ポピーだけで大丈夫と思えたのは、あんな天然で遊び大好きな息子でも、机に向かう習慣を身につけてくれたから。

そこで今回は、ポピーのどこが魅力なのか?ありのままに語ります。

コスパは?

定期テストや高校受験対策は?

ハイレベル問題も含まれているのか?

などなど!

気になっている方はご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中学ポピーの料金

なんと!!国、数、理、社、英+副教科すべてあわせて5000円切ります!

  • 中学1年生:4,600円
  • 中学2年生:4,700円
  • 中学3年生:4,900円

しかも入会金、年会費、送料(一部除く)はかかりません!

良心的なお値段も長く続けられる理由の1つです。

塾との比較

ズバリ!ポピーは塾の3~4分の1!

平成28年度文部科学省の調査を元に月換算すると、塾代が中1で平均1.7万円、中3になると3万円近くかかっています。入会金や教材費、夏期講習や冬期講習、受験前の合宿費などもかかりますからね。やはりコスト面では塾は通信教材をはるかに超えてきます。

Z会との比較

ポピーはZ会の約2分の1!

Z会5教科=12,800円(月)※5教科セット割

更に12カ月一括払いで10,800円

※Z会の資料請求ページ


進研ゼミとの比較

ポピーは進研ゼミより1000円~3000円安い!

進研ゼミ9教科(実技教科込)=6,853円(月)

12カ月一括払いで5,871円

※進研ゼミの資料請求ページ


コスパはポピーがいいですね。

中学ポピーの教材一覧

ポピーは毎月(前月20日頃)届く教材と、年1~2回届く教材とあります。

毎月届く教材は国語、数学、英語の3教科

ポピー教材の国語と英語と数学

  • 英語FESTA(問題集)
  • 数学FESTA(問題集)
  • 国語FESTA(問題集)

+会員情報「ぽぴとぴあ」(学習、中学生活のノウハウなど)

+読書教材「こころの文庫」(読書用の冊子)

中学ポピー毎月届くもの
です。

年教材は理科と社会とプラスα

  • 理科FESTA(参考書+問題集)
  • 社会地理FESTA(参考書+問題集)
  • 社会歴史FESTA(参考書+問題集)
  • 英語リスニングCD

中学ポピーの英語リスニングテキスト

  • 英語リーディング、ライティングテキスト
  • 英語壁はり暗記シート
  • 作文・表現力ワーク
  • 定期テスト対策予想問題集

中学ポピーの定期テスト対策予想問題集の写真

  • 定期テスト対策実技の要点(副教科対策)

定期テスト対策実技向けテキスト

  • おぼえるモード(漢字、数、理、社(地理、歴史)、英暗記)※持ち運べるように小ぶりなサイズが嬉しい^^

中学ポピー暗記用テキスト

  • 国語文法

中学ポピー国語の文法問題集

  • 数学、理科チェック&チェック(弱点補強用)

理科と社会(歴史、地理)は毎月届かない代わりに、参考書+問題集が各1冊ずつあります。
社会と理科は参考書と問題集

※上記の図左が参考書、右が問題集

当然月刊の教材より分厚く、要点だけまとめられた参考書と、洗練された問題集でみっちり勉強できるしくみになっています。

なので、我が家の理科と社会の勉強方法は3つのサイクル。

1.教科書読んで・・・

中学校の教科書各種

2.FESTAの参考書で要点をおさえて・・・

中学ポピーの教材
※理科と社会は上図左が参考書、右が問題集で1セット

3.FESTAの問題集で理解度チェック!

でやっています。

この他に中2、中3になると「合格への入試対策」が届きます。

ポピーの使い方

日ごろは、国、数、理、社、英の5教科はFESTAと呼ばれる問題集を解きます。

問題集の中身は、各教科すべてにおいて以下のような流れで取り組みます。

1.「教科書のまとめ」を読む(予習、復習)

※理科、社会は別冊の「まとめ編」を読む

2.「教科書の確認」で基礎問題を解く

※理科、社会は別冊の「問題集」を解く

3.「A問題」で基本~標準問題を解く

4.「B問題」で応用~入試問題を解く

5.「まんてんcheck」問題で繰り返し解く

6.「ハイレベル」問題にチャレンジすると上位高校の受験対策になる。

このように、ポピーは教科書に準拠しているので、習うこと、習ったことを確認し、問題を解き進めれば進むほど、基礎~上位高校の受験対策まで徐々にレベルアップするしくみになっています。

やってみるとわかるのですが、つまづくことなく、自然な流れで子どもがステップアップできるように問題が並んでいます!

しかも1日1教科約15分×教科数と、1教科をギュッと圧縮して、要点だけに絞りこんでいるため、効率的に1日1時間程で学習できます。部活や習い事で忙しい中学生にとってはかなり強い味方になるはず!

毎月分のFESTAをやり終えたら、おぼえるモードを使って暗記に取り組んだり、苦手な国語の文法だけを「国語文法」で集中的に補強なんてこともできます。

定期テストが近づいたら「定期テスト対策予想問題集」に取りかかり、テストに備えることもできます!もちろん、「定期テスト対策実技の要点」で副教科(保健・体育、美術、音楽、技術・家庭)の対策も万全です。(内申で気になる副教科対策も含まれているのがありがたい)

ポピーのスゴイところは、中1の問題の中に過去の入試問題が毎月含まれていたり、中2から入試対策教材に取り組めたりと、早くから入試に備えた学習ができる点です。日々の勉強で自然と入試対策ができてると思えたら親も子も安心ですからね。

中学ポピーの入会流れ

1.ネットから入会ページにアクセスします。
家庭学習教材【月刊ポピー】→今なら無料見本プレゼント!

2.月刊ポピー中学生選択

3.開始月選択

4.4月入会の方はプレゼントを選ぶ(以下から一つ)

  • カジュアルウォッチ
  • ポピーステーショナリーセット
  • 英語・国語電子辞書

5.子どもの情報を入力(生年月日、名前、学校など)

6.保護者の情報を入力(名前、住所、電話番号、メアド)

所要時間3分程で入会完了です!


中学ポピーの退会

所属している支部に連絡すれば退会(休会)できます。具体的には、退会する月の2カ月前まで。例えば、12月号から不要なら9月20日までに連絡すればOKです。

ポピーを体験した口コミ評判

ひさこの周辺でポピーをやっているお友達やママ友、息子の意見を以下にまとめましたので良かったらご覧ください^^

部活がさかんなので正直塾に行く時間がない。部活から帰って夕飯後の1時間でポピーを一通りやっておけば、テスト前でも慌てることなく自分のペースで今のところできています。これが塾だと曜日と時間が決まってるので部活に支障が出てしまう。(中2)

ポピーの良いところは教科書よりも要点がしっかりまとまっている点。どこが大切でどこが何が問題を解くポイントなのかがわかるようになった。「あ、ここテストに出そう!」とわかるようになってくる。(中2)

Z会や塾の経験もある中で、ポピーが気に入ったのは、量と質のバランスの良さです。一カ月のテキストの厚さが薄すぎず、厚すぎず^^毎日部活帰りにコツコツできる量なので続けられそうだと思えた。(中1)

定期テスト対策が本当にスゴイ!テスト前に解いておくと安心なので必ずやってます。(中2)

Z会はテキストを開くと応用問題から始まる感覚。なので授業で理解できるタイプはZ会でいいと思う。けど、家で自分で1から理解したいならポピーがベストだと思う。基礎から応用まで順を追って進められるから。(中3)

その辺の問題集を買って解くよりも、ポピーなら5教科でも数千円なので、お守り代わりに子どもにさせています。(保護者)

中学ポピーまとめ

我が家はかれこれ4年ポピーにお世話になっています。

続けられたのも教材の量と質が絶妙だったから。

肩の力を抜いてコツコツと進められました。

おかげで、ジワジワと実力が身についてきているなと実感できるようにもなったかな。

この先も高校受験に向けてお世話になる予定です。

月々の料金が良心的なので塾と併用したり、学校の宿題にプラスαする手もありかなと。

ひさこは、お試し見本で内容をつかんでから入会し、今に至っています。

※入会、お試し教材の申込ページ
家庭学習教材【月刊ポピー】→今なら無料見本プレゼント!

参考:小学生ポピーの記事はこちら↓↓

家庭学習教材のポピーは知っていますか?教科書に沿った内容のため家庭学習や自己学習に最適の教材です。良質なテキストは幼児、小学生、中学生から絶大な人気があり、コスパも良いため保護者からも支持されています。そんなポピーの全てをご覧下さい。
関連コンテンツPC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク