名門大洋フェリー乗船レポ!船内、個室部屋、レストランの実態

名門大洋乗船レポ。レストラン乗船方法個室部屋の実態

こんにちは!

ひさこです。

今回は、名門大洋フェリーに車で乗船し個室を利用した体験談。

部屋の様子は?

レストランは?

売店はある?

大阪南港と福岡新門司港を結ぶ船の旅を実体験を元に語ります。

今回乗船した船
南港19:50発のフェリーきたきゅうしゅうⅡ(フェリーおおさかⅡ)

※宿泊先の予約には楽天トラベルが便利です。

USJ周辺のホテル予約

 

スポンサーリンク

南港フェリーターミナル到着

名門大洋フェリー南港フェリーターミナル入口

南港フェリーターミナル横に「乗用車乗船場」があるため直接進みます。

名門大洋フェリー乗用車乗船場

1時間前から乗船可能なため、待機中の車が列をなしていました。早めに行けば早めに下船できるしくみ。

名門大洋フェリー乗車する車の待機列

係員の方に誘導されながら列につきます。通常であれば「QRコード乗船票」を見せて乗船ですが、コロナ禍のため1度車を降りてターミナルに検温のため向かいます。

名門大洋フェリー南港フェリーターミナル1F窓口

今回は事前にWebで予約&購入しているため窓口での受付不要。付近で検温を1人ずつ行い検温チェック表をもらうため車の見える位置に置きます。

名門大洋フェリー南港フェリーターミナル検温済

ちなみにフェリーターミナルに売店はなく、自販機のみ。2Fは待合室とトイレのみです。徒歩の方は2Fから乗船できます。

乗船

名門大洋フェリー乗船後の駐車場の様子

乗用車乗車場に戻り、係員の方の誘導の元乗船。ひさこは初めてでしたがスイっと乗船できました^^

※何階の駐車場に停めたか覚えておかないと下船時に車の場所がわからなくなるので注意!

駐車場から船内入口付近

出港したら駐車場に戻れないため必要な荷物をすべて持って客室へ。入口入るとすぐに海を眺められる休憩所があります。

名門大洋フェリー船内入口付近の食事スペース

公衆電話、スマホの充電器も完備。

名門大洋フェリースマホ充電器

進んでいくとエントランスホール、売店、案内所に到着。

案内所で部屋のカギをもらう

名門大洋フェリー案内所エントランス

案内所の前で部屋割りの係員の方がいるため、QRコードの紙を見せながら客室の番号を伝えるとカギをもらえました。近くにロッカールームや自販機、売店などあります。

客室へ

名門大洋フェリーの客室案内図

6F~8Fが客室。今回利用するファーストAの客室は7Fのため、案内所背後にある階段もしくはエレベーターで昇ります。

名門大洋フェリーファーストA個室通路

ファーストA客室

名門大洋フェリーのファーストA客室のツインベッド

テレビをはさんでツインベッド。右のベッドの上には昇降式のベッドがありますが、使用する際は係員が操作する必要があるため触らないようにご注意を。

ファーストA客室クローゼット

ハンガーラックつきのクローゼット、使い捨てのスリッパ完備。

名門大洋フェリーのファーストA客室内の机周り

デスク周り。ポットでお湯をわかしてお部屋でカップラーメンを食べることも可能。

名門大洋フェリーファーストAの洗面台

洗面台はお湯も出ます。歯ブラシとタオル完備。洗面台の後ろにはトイレ完備。

名門大洋フェリーファーストA客室のトイレ

エアコン完備、ON、OFF、温度調整可能。暑かったので消しました^^

ベッドサイドにはライトの他電源タップもあるため充電しながらスマホやタブレットを使用できます。

名門大洋フェリーファーストAベッドサイド

ファーストB客室

※追記:別日にファーストBを利用しました。

名門大洋フェリーファーストB客室のベッドの様子

ベッド2、布団2セットの和洋室。洗面台あり。ただし、トイレ無。

名門大洋フェリーファーストB客室洗面台

水とお湯出ます。歯ブラシあり。

名門大洋フェリーファーストB客室クローゼット

和室部分の横にクローゼットあり。服をかけられるので便利。

エアコンの温度も調整可。

名門大洋フェリーファーストB客室テレビ

ベッドの足元の壁に、テレビも完備。

※ファーストBは和室もあるのでファーストAより広々使えます。ただし、トイレがお部屋にはないため、部屋を出てすぐの共有トイレを使用します。

Wi-Fi

船内無料Wi-Fiあり。ただし、端末ごとにメアドを登録して30分×3回だけ利用できる制限付き。無制限ではないので要注意^^;

展望レストラン

名門大洋フェリーの展望レストラン

6Fに展望レストラン。

営業時間

1便:17:00~20:00/朝4:30~入港20分前まで

2便:19:30~21:30/朝6:40~入港20分前まで

料金

夕食ビュッフェ大人1600円/小人1100円/幼児500円

朝食ビュッフェ大人750円/小人500円/幼児250円

※1便の朝食は軽食のため料金300幼児無料

電子レンジ

名門大洋フェリー電子レンジ

6F自動販売機横に電子レンジ完備。持ち込んだお弁当などを温められます。

売店

名門大洋フェリーの売店内様子

飲み物、お菓子、おつまみ、お土産、アイス類完備。ただし、カップ麺のみで、お弁当やおにぎりなどはありません。(コンビニでお弁当やおにぎりを買いこんでおけばよかったと後悔)

名門大洋フェリー売店に洗顔類販売

洗顔やタオル、歯ブラシやかみそりなど販売。

シャワールーム

名門大洋フェリーシャワールーム

トイレと同様、女性、男性と別れており、完全個室。各3~4個完備。

名門大洋フェリーシャワールーム横のドライヤー設置ルーム

横に女性化粧室あり。ドライヤーや完備。髪をかわかすことができます。

大浴場もありますが、簡単に済ませたい!という方にシャワールームはおすすめ。

展望デッキ

名門大洋フェリー展望デッキ

7F客室付近に室内展望デッキあり。こちらで船外の景色を眺めることができます。近くに喫煙所、展望デッキに出る扉があるため外に出て「明石海峡大橋」を眺めることもできます。

自販機

所々に自販機あり。6Fの案内所付近の自販機には給湯もあるためカップ麺のお湯を入れて湯切りも可能。

テレビラウンジ

名門大洋フェリーテレビラウンジの様子

所々に大型テレビのある休憩所あり。ツーリストやエコノミーで乗船した方はこちらでテレビを見ることができます。

下船

名門大洋フェリー徒歩下船口

徒歩で下船の方は6Fから。港に着くと徒歩での下船者が優先。その後車で下船となります。

名門大洋フェリー門司港フェリーターミナル

入港後、車での下船は約20分かかりました。が、出やすいように渦巻状に駐車しているため流れに従って前進のみで下船できました。

新門司港フェリーターミナル

名門大洋フェリー門司港ターミナル乗車待ちの様子

新門司港フェリーターミナルの乗り場のすぐ横に、送迎用の駐車場があります。(新門司港から乗る場合の利用に便利)

名門大洋フェリー門司港駐車場

3時間まで無料なので家族を乗船場まで連れて行き、駐車場に停めてゆっくり見送りできます。

また、3泊4日1650円(以降1日550円)で停められるので、新門司港まで車で行き、駐車場に停めて、徒歩で乗船する際にも便利。

新門司港から福岡市内へ

福岡市内まで約1時間。料金は2000円弱です。福岡都市高速に乗ると時間は早いですが、料金はその分かかるため九州自動車道「福岡IC」で降りるとリーゾナブル。距離約70キロですが、高速道路の入口(新門司IC)まで車の流れが悪く時間が思ったよりかかりました。

名門大洋フェリーレポまとめ

今回、大阪南港から福岡新門司港まで、車で乗船してファーストA個室を利用しました。

  • 事前に飲食料を買い込んでおく。
  • 南港フェリーターミナル到着後、車で乗船場に直接行き列に停車。
  • 検温のためターミナル1Fに行く。
  • 乗船時QRコードを提示する。
  • 乗船後は必要な荷物を持って船内へ。
  • エントランスでカギを貰う。
  • 個室の給湯でカップ麺程度は食べられる。
  • 船内売店にはカップ麺のみ。お弁当やおにぎり類はない。
  • ファーストAにはトイレ、洗面台、歯ブラシ、タオル、スリッパ、部屋着あり。
  • 無料Wi-Fiあり。ただし時間制限あり。
  • 展望デッキから明石海峡大橋を眺められる。
  • 大浴場のほか個室シャワールーム(ドライヤー付)あり。

船って時間をたっぷり使った贅沢な旅です。家族で利用しましたが(Wi-Fiを除き)お部屋も設備も想像以上に快適でした。只今キャンペーン中で車1台+ファースト+4名までで格安で利用できるので、また機会があったら是非リピートしたいです。

 

名門大洋フェリーらくらくフェリーについて

※宿泊先の予約には楽天トラベルが便利です。

USJ周辺のホテル予約

 

 

関連記事:大阪から福岡は船移動が安い!名門大洋フェリー時間、料金、予約

コメント

タイトルとURLをコピーしました