初めての入れ歯体験レポ!費用、手入れ、洗浄器のススメ

入れ歯の手入れ方法

こんにちは!

アラフォー主婦ひさこです。

この度、叔母が入れ歯デビューしまして^^;

聞けば、ひさこも初めて知ることばかり。

費用は?

洗浄方法は?

取り扱いのコツってある?などなど。

叔母が入れ歯を決めてから、購入、洗浄までを丸ごとお届けします。

(叔母の許可は得ています^^)

初めての入れ歯どうしよう・・・と思っている方の参考になれば!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

入れ歯の種類

部分入れ歯
総入れ歯と部分入れ歯があります。

ちなみに叔母は下顎の奥歯付近のみ入れ歯になりました。

つまり「部分入れ歯」に該当します。

入れ歯の費用

実際入れ歯を入れるとなると、気になるのがお金です。

保険適用外と適用内とありますが、叔母の場合保険適用内3割負担で1万円弱ほどでした。

一方、保険適用外の入れ歯は数万から数十万と幅があり、入れ歯を作る病院や入れ歯の大きさによってもピンキリです。なので、いくつかの病院に問い合わせてから決めた方が良いとのこと。

入れ歯までの流れ

叔母の場合、約2カ月前後で入れ歯が完成!

  • 入れ歯になる部分の歯を抜く
  • 約1カ月後に型取り
  • 約1カ月後入れ歯完成(仮段階)
  • 試しに装着(1週間ぐらい)
  • 痛みや隙間を調整
  • 入れ歯完成!

何度か通院したけど歯を抜く以外はさほどお金はかからなかったとのこと。

叔母に聞く前は、欲しいと思ったらすぐに入れてもらえると思っていたけど、意外と時間がかかるんですね(;^_^A

※歯医者や施設によっても異なるので参考程度に^^

入れ歯の洗浄

で、気になるのが入れ歯を入れた後!
つまり「お手入れ方法」です。

一般的に簡単でコストがかからないのが「デントヘルス」です。

(叔母も愛用中)

デントヘルス洗浄器

CMでもよく目にするお手軽な洗浄器。

叔母は、毎晩寝る前に入れ歯を外して洗浄しているとのこと。

デントヘルス購入ページ

入れ歯をしている父母やシニアの方へのプレゼントとしてもおすすめ!

洗い方

手入れの流れをザックリ説明しますね↓↓

  1. 専用の除菌液を入れる(5ml)
  2. 線まで水を入れる(130ml)
  3. 入れ歯を入れる
  4. コンセントに差し込む
  5. カバーを閉じてスイッチを入れる
  6. 5分で自動停止!(30分以上放置)
  7. 電源を抜いて入れ歯を取り出す
  8. しっかり水洗いする
  9. 使った洗浄液は捨てる

※詳しくは付属の説明書をご覧ください^^

ほんの5分ぐらいで99.9%除菌ができるすぐれもの。ボタン1つでデントヘルスが洗ってくれるので楽にメンテできることがわかりました。

入れ歯の感想

叔母の個人的な意見ではあるものの、正直な感想です。

入れ歯自体はやはり違和感がある。とくに食事後に入れ歯と歯の隙間に食べ物がはさまったりするので、今後安定剤を使ってみようかと思っている。

入れ歯を付けても今のところとくに痛みは感じない。

でも、装着すると違和感はあるので家の中では外している。食べる時や外出時だけ装着するようにしている。

やはり、入れ歯は人工的な歯がゆえに違和感は多少あるとのこと。保険適用外の素材の入れ歯にすればもう少し違和感が消えるのかどうか・・・・といったところですね。

まとめ

数年前から虫歯に悩んでいた叔母。

食後や疲れたあとにズキズキ痛みだすらしく、その度に痛み止めを飲んでいたとのこと。
でも、思い切って入れ歯にしてからは、完全に痛みから解放されたのか、表情がパッと明るくなっていました。

確かに毎日のメンテは大変かもしれません。

でも、虫歯の心配や痛みを感じずに済むのなら、もっと早く入れ歯をすすめてあげたら良かったなって薄っすら後悔しています。

美味しそうに食事する叔母を見ながら、素直にそう思いました。

追記:シニアにおすすめな関連記事

60代シニアのスマホ体験レポ!メリット、悩み、使い方まとめ

ラボモヘアカラー体験レポ!評判、口コミ、市販の白髪染めと比較

関連コンテンツPC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク