ガリバー車買取の実態!相場より10万高い電話査定のカラクリ

こんにちは!

アラフォー主婦ひさこです。

今回は、主婦がガリバーの電話査定をして買取成功した話。

電話で本当にできるの?

どうやって査定するの?

あとで減額されない?

うんうん、わかります!

ひさこも最初は不安だらけでしたからね。

その結果、当初の目標より10万高く買い取りしてもらえました。

車買取の予定がある方は是非ご覧ください^^

※ひさこなりの解釈も含まれているので、ザックリ読んでいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガリバーの電話査定とは?

その名の通り、電話で査定をするサービス。

「ガリバー」は車の買取と販売、どちらもやってる業界最大手の会社。

最近は電話で査定~契約まで行っているんです。

え、電話で?

最初はかなり不安でした。

電話査定者:ガリバーオンライン事業部に所属

所在地:千葉県浦安(ディスニーランドの近く)

受付時間:10:00~19:30

ひさこはN-BOXなので、「軽」担当者が電話で対応してくれました。

千葉のタワービルのワンフロアーに2~300人ぐらいの担当者がおのおの電話で査定をしているとのこと。

まさにコールセンター。ひさこもヘルプデスクやってたので何となく想像できました^^

確かに、出張査定に比べて電話査定のほうが、人件費がかからないし、交通費もいらないので、査定額が上がってもおかしくないよね。

しかも、コールセンター=データセンター的な役割もしているとすれば、ひさこの車を高い値段で買ってくれるお客さんを探し当てるのもそう難しくないはず。

それに、対面で5万UPして!というより、電話越しのほうがなんかひさこ的にも言いやすい^^

もし提示された査定金額で買取してもらえるなら、電話査定はむしろメリットの方がデカイかもね!

ネットで一括無料査定

ガリバーの電話査定に出会ったきっかけは、ネットの一括査定です。

一度に何社も申し込むと電話がスゴイ!とどこかで聞いたのでとりあえず3社に厳選。

元々ディーラーの査定価格は出てたので、比較するなら2~3社は欲しいなとおもったからです。

まあ、それぐらなら何とかやりとりできそうかなって。

※余裕があれば、あと1つ2つ比べたかった^^

ひさこは楽天会員なので「楽天オート」を使いました。

N-BOXからの乗り換えにあたり、ディーラーで下取りも考えたけど、ちょっとでも高く買い取ってもらいたいな・・・と査定に至ったわけです。

※価格情報が入るので、あえてN-BOXの型式や色はふせています^^

関連記事:主婦の車購入体験レポ!お得な選び方、時期、値引き交渉術

一括査定の流れ

  1. 一括査定から申し込む
  2. ガリバーのコールセンターからTEL→軽自動車担当部署に転送
  3. 担当者とのやりとりのあと、査定価格を提示される
  4. 折り合えば申込(契約)へ

ざっくりとこんな感じで話が進みます。

※査定する車によっては出張査定や店舗持込になる可能性も^^新車からの乗り換えで事故車でなければ、電話のみで査定可能かなという印象です。

ガリバー電話査定の体験談

ぶっちゃけ長電話になります(;^_^A

1時間以上かかりました。

まあ、出張査定もそれぐらいなので、妥当だと思います。

見えない相手を信頼するためには時間も必要ですからね。

話し始めて割とすぐに好感を持てました。

対応がメチャクチャ丁寧でしたからね。

しばらくやりとりが続くため「しつこい」と言えばしつこいかも。ただ、電話だけに「客に信頼してもらいたい!」熱意が伝わってきたので、ひさこ的には許容範囲でした。(逆に、ササっと話を進められても困る)

まず、車情報のヒアリングから始まりました。

  • 乗り換えor手放し
  • 新車/中古車
  • 車種、型式、色
  • 初度登録NO
  • 車検年月日
  • 走行距離
  • 事故修理歴など
  • 水害/ひょう害の有無
  • 新しい車の車種
  • ディーラーの下取り価格

続いて、ひさこ(客)情報のヒアリングです。

  • 家族構成
  • メインで運転している人
  • 通勤用/日常用
  • 子どもの有無
  • 車内でこぼしたことは?
  • 喫煙者の有無

こうやって挙げてみるとけっこうしゃべったなって、今思いました。

さすがプロ、聞き出し上手^^こっちが探ってるだけじゃなく、相手もひさこがヤバい奴じゃないか探ってたのかもね。

でも、1点だけ気になってたことがありました。

今から数年前、N-BOX購入直後に大雨が降り、道路の一部が冠水しました。高さ的にはタイヤの3分の1ぐらいでしたが、エンジンの警告灯?みたいなランプがついた記憶がうっすらありました。

そのまま、今回査定してもらったディーラーに駆け込んで点検してもらったところ、異常なし!それから数年乗ったけど、まったく車のトラブルはありませんでした。

言わずに査定してもらうのもなんなんで、今の内容を告げるついでに水害について尋ねてみました。

水害の判断基準(一例)

  • 明らかに車内(とくにエアコン)の臭いが泥、カビ臭い
  • エンジン音やエンジンに異常がある
  • 水につかった痕跡がある(フロア内)など

ぶっちゃけ、ガッツリ水没した車は見たらすぐにわかるとのことでした。なので、ひさこの場合、ディーラーで高い下取り価格が出ていること、他社の出張査定で高い価格がついたことを加味し、問題ないと判断されました。(水害、冠水歴のある方は、細かく確認した方が安心です)

ここでようやく、金額の話になりました。

ザックリと、相場を告げられます。

その前に、相場がどうやって決まるか?妥当性をアピールするためなのか、査定のしくみを教えてくれます。

査定の相場は何で決まる?

「市場」とか「オートオークション」と呼ばれるサイトで決まります。

魚でいうセリ市場みたいなもの。

業者専用のサイトなので一般はアクセスできません。

多くの買い取り業者はこの市場のデータを参考に買取価格を決めるため、自然と相場は決まってくる。

常に色んな販売業者がオークションをしているので、全国のリアルタイム相場が瞬時に分かるしくみになってます。

ひさこの車は70万でした。

※相場は変わるので参考程度に^^

正直ディーラーの下取り価格と同じだったので「今回はごめんなさい・・」と去りかけたところ、「それなら直販で売却もできるので、もう少しUPできます!」と言われました。(わたし駆け引きしてる!?)

直接販売とは?

先ほど言ったオークションとは別に、ガリバーの店舗で販売するしくみ。オークションの出品手数料や陸送費がかからない分、買取価格が上がりやすい。しかも「今なら○○キャンペーンをやってるので頑張ります」と言われました。

※キャンペーン名を忘れました(すみません)

ここで、リアルな査定額を提示されます。

5万UPの75万でした。

ひさこ的には80万以上を狙っていたので、そのまま伝えました。

「任せてもらえるなら80万で決済とります」(たしかこんな会話)

となったので、夫と相談するために一旦電話を切ることしました(なかなか切らせてくれないけどね。そこはバッサリ切りました^^)

で、夫に相談。

「85万でダメならひこう!」となぜか5万上乗せに。(欲張りだなおい!)

同時に、一括査定で申し込んでいた別の業者に出張査定をしてもらいました。

結果・・・ガリバーの方が高かった!

というわけで、再びガリバーにTEL。

同じ担当者とトークスタート。

ひさこ:「夫と相談した結果、80→85万に変更します(エヘ)」

ガリバー:「え!?わ、わかりました。こちらに任せてもらえるなら上司に決算を取りに行きます」

ひさこ:「ええ、よろぴく。」ワクワク(待っている)

ところが!一発で拒否されました(ガクン)

さすがに常識の範囲を超えたみたいですね(夫よ、欲張り過ぎたな)

ガリバー:「80万でどうですか?」

ひさこ:「うーん厳しいですね。」と言って再び電話を切りました。

数時間後にガリバーからTELあり。

ガリバー:「82万でどうしょう?まかせてもらえませんか?」

ひさこ:「お願いします!」

他と比較した結果、これが限界かなと^^

ついでに車体で気になる点(キズ、冠水など)を一通り担当者に告げました。どれもクリアだったので契約に移りました。

メールで「買取契約書」を送付

電話の次はメールです。

電話をつないだままガリバーからメール到着。

メールの内容(一例)

  • 買取価格の確定
  • 減額がないこと
  • 陸送費や名義変更などの経費はガリバー負担であること
  • 承諾事項(5つぐらい)キズやへこみがないかとか、事故歴はないか?など
  • 契約者の情報
  • 振込口座情報

順に担当者が説明しながら承諾していくしくみ。

すべて記入して送信完了!

続いて、車検証と免許証のコピーをスマホで撮ってメールで送信します。

店舗に持ち込むまでに、以下の事をやっておくとスムーズです。

  • 車の掃除、片付け
  • 車検証、納税証明(今年度)、自賠責保険証明書、リサイクル券、取扱説明書、スペアキーの準備
  • ETCカードを抜いておく
  • 振込先の口座番号、店名を控えておく
  • 認印の準備
  • カーナビの自宅、履歴などを消去(気になる方は)

あとは車を引き渡すのみ(フー)

ガリバー店舗へ持ち込み

ガリバー店舗で引き渡し

約2週間後、近場のガリバー店舗に車を持ち込みました。

行きは車あるけど帰りはないので、交通の便のよい店舗を選ぶと楽ちんです^^

ひさこ:「車買取予約をしていたひさこです。」

店員さん:「かしこまりました!こちらへどうぞ(案内される)」

簡単なアンケートの記入(1分)

現車をチェック(される)

ガリバーオンラインストア(本部と呼ばれている)でヒアリングした内容と差異がないかの確認のため、30分ぐらい待ちました。

電話で申告した内容と差異があると減額の可能性がありますが、よっぽどのことがない限り・・・でした。ウソついても誰も得しませんからね^^

減額の例

  • 事故車(修理歴)
  • 色・型式の相違
  • エンジンの不具合(煙、異音など)
  • AT/MTギアが動かない
  • ハンドルが動かない
  • 走行距離の改ざん
  • 水害(臭い、水シミなど)など

この辺りは電話でしっかり確認しておいたので、当初の金額82万で買取決定!(イエーイ)

店員さんは、手元のPCにひさこの振込先口座番号と、免許証番号を打ち込みました。
ひさこはPCを覗き込み、振込のタイミングや、キャンセル規約などにザっと目を通したのち「同意ボタン」を押しました。印刷された用紙に捺印してオールアップ!

3営業日以内に買取金額が振り込まれるはずでしたが!

ナント、振り込まれていない(驚愕)

あわてて電話査定をしてもらった担当者に連絡。

その後、すぐに持ち込んだ店舗の担当者から電話がかかってきました。

「遅くなってすみませんでした!先ほど振込手続きをしました。3営業日以内には振り込まれると思います。」と平謝り(;^_^A

翌日には振り込まれていることが確認できました。

なので、心配な方は振込日時を念入りに確認しておきましょう!

以上で、買取終了です(ホっ)

ガリバーの口コミ評判

実は、査定をする前にネットの口コミや評判を、チェックしていました。

これだけ情報が溢れていると、良い評判もあれば悪い評判もありますよね。

不安がないと言えばうそになります。

でも、ガリバーに決めた理由は価格でした。

あと、「大手」「知名度」「実績」も後押ししてくれた感じかな。

最後は、担当者とやりとりをしながら「ああ、この人なら信頼できそう」そんな手ごたえを感じたのも大きかった。

確かにネットで調べるのは大切!

でも、最後は自分の感覚を信じるしかないのかな・・・

おばちゃんは学びました。

ガリバー電話査定の感想

まず、やってみたわかった査定のコツは以下の通り↓↓

  1. ディーラーで下取り価格を出しておく(基準になる)
  2. 一括査定で2~3社に依頼(多過ぎると対応が面倒)
  3. ガリバーなら電話査定ができる(自宅で空いた時間に)
  4. けど、長電話になりがち(信頼するまでに時間がかかる)
  5. 担当者のヒアリングのみで査定額が出る(相場はある程度決まっている)
  6. 客が希望価格を言えばガリバーが頑張ってくれる(程度による)
  7. 折り合いがつかなければ電話を切ればいい(考える時間も必要)
  8. 他社の出張査定を併用すると比較&交渉しやすい

結論:ガリバーで良かった!

やはり最大手ですからね。

一見買取だけに目が行きがちですが、これだけ大手だと売れる環境も整っているのよね。

ちょっと買取価格が高くても、欲しい相手がいれば売れちゃうわけで・・・・

全国500店舗あるということは、それだけお客さんもいるということ。

頑張って10万UPしてくれたのも売れる準備があればこそ。

また、でっかいコールセンターを浦安に構えてるってところも、本気度を感じるポイントでした。

そりゃ、買取価格が相場越えするのも納得ですよ。

初めての買取査定でしたが、ちょっと振込みが遅れたこと以外は満足でした!

ありがとう、ガリバーさん^^

ガリバー買取査定は下記からも申込できます。

「カービュー」の一括査定HP

関連コンテンツPC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク