求職活動実績の簡単な作り方。職業相談事例とセミナーの裏ワザ

求職活動実績の作り方と裏ワザ
こんにちは!

求職活動実績作りで悩んだひさこです。

失業保険を貰うためには少なくとも2回が条件ですからね。

ハロワークで何を相談すればいい?

セミナーのみでカウントされる?

面接って受けないといけないの?

わかります!わかります!

ひさこも、実績作りのためにぜんぜん興味ない就職相談会に出席した経験ありです^^

ここでは、求職活動実績の簡単な作り方について実体験ベースでお届けします。

失業中の方の参考になれば!

※ハロワによって微妙に基準が違うケースがあるので、確認してから活動してね^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

雇用保険給付条件

雇用保険の給付条件とは

そもそも失業保険は「働く意思はあるけど未だ職につけていない人」が貰う給付金です。

ですから、就職活動をせずに家でのんびりしていたり、遊んでばかりではもらえません(汗)

給付金が欲しいなら求職活動しなさい!

次回認定日までに最低2回はしなさい!

でなけりゃお金を渡せないよ!

簡単に言っちゃうとそういうことです(;^_^A

ところが、じっくり職探ししたい人にとっては悩みのタネなんです。

ただ活動実績のためにやみくもに応募して失敗したくないからね。

とはいえ、何らかの活動を2回しなければ失業給付金をもらえません。

「手っ取り早く実績になる活動があれば楽なのにな~・・・」って思っちゃいますよね。

求職活動実績とは

求職活動の実績の例

では、どんな活動が実績と見なされるのか?

まずは教科書通りの説明をちょっとだけ^^

もらった「雇用保険の失業等給付受給資格者のしおり」には求職活動の実績について以下のように書かれています↓↓

※一部簡略化して記載しています^^

  1. 求人への応募(ハロワ、インターネットからOK)
  2. ハローワークでの職業相談、職業紹介
  3. ハロワークが行う講習、セミナー受講
  4. 民間が行う職業相談、職業紹介
  5. 民間が行うセミナー受講
  6. 公的機関が行う職業相談
  7. 公的機関が行う講習、セミナー、個別相談可能な企業説明会の受講
  8. 再就職で必要な国家試験、検定等の資格受験

と、これだけの活動が定義されています。

つまり、ある程度の枠があって、この範囲できちんと活動しなさい!ってことです。

あと、ちょっと、いや、かなりショックだったのが、パソコンの求人検索だけでは実績と見なされない点!!説明会で何度もおっしゃってたのでご注意ください。(昔は認められたのにね・・・ガックリ)

本気度を探られている?

実のところ、ハローワークも私たちが実績作りに手を焼いていることぐらいわかってます。

何千、何万と人を見るプロですからね。

ただし、誰がどの程度手を焼いているのか?はわかりません。

だから、最初に失業者をふるいにかけるのです。

「本気で仕事を探しているのか?」それとも「未だ、あんまり探す気がないのか?」わたしたちの内心を探るためにね。(もちろん、ふるいにかけてるよ!なんて露骨に言いません)

ひさこが行ったハロワでは、初めにアンケートがありました。

  1. すぐにでも働きたい
  2. 条件が合えば働きたい
  3. 仕事したくない(これはさすがにNG^^)

「さあ、あなたはどれ!」みたいな内容です(みなさんはもう答えましたか?)

担当者はこのアンケートを見て私たちの本気度を見極めている様子。

なぜって、実績稼ぎが目的の人よりも、必死に活動している人にこそ優先的に求人を紹介したいでしょうからね。そりゃそうだ!(納得)

求職活動のカラクリ

求職活動の裏事情

確かに、一刻も早く仕事に就きたい人なら問題ありません。

事実、すぐに求職活動するし、実績も埋まるでしょうから。

ところが、そこまでエンジンがかかっていない場合、この実績作りがけっこう厄介なんです。

下手にやっちゃうと、意図しない結末を迎えることもあるからね。

とりあえず応募したら決まっちゃったとか。

相談の流れで面接することになっちゃったとか。

いい求人が見つかるまでもうちょっと様子みたかったのになど。

流れに逆らえず後悔してる人ってけっこういます(体感でね)

でも、ご心配なく!

ハロワもこのあたりの事情をわかっています(多分)

で、まだ本腰になっていない人向けの活動を用意してたりもします。

ただし、本腰じゃない人のためではなく、本気で就職したい人のためにね。

だって、マジメに探している人の仕事を、実績作りのために応募した挙句、すぐに辞められては、誰も得しませんからね。それこそ、何のための求職活動か・・・(ガクン)

実際は、ゆるめの人に、ゆるめの活動オプションを作ることで、本気で仕事を探している人の邪魔にならないように配慮している!といったところでしょう。

簡単な求職活動

簡単に求職活動する方法

では、まだ応募先を決めたくない=ゆるめの人におすすめな求職活動とは何か?

いよいよ本題に入ります(遅くなってごめんなさい)

さっそく、楽に活動実績になりそうなものをまとめましたのでご覧ください。

職業相談

一番効率的です^^

認定日当日にできますからね。

ただし、注意点が2つ!

1.認定日当日の活動は「次回認定分の活動」になる。

2.同じ日に2回相談しても1回しかカウントされない。(別日ならOK)

ふむふむ。覚えておきましょう^^

この職業相談ですが、手軽に見えて意外とみんな躊躇するんですよね。

ひさこも何を相談すればいいのか?悩んだのでわかります。

そこで、質問内容をいくつかピックアップしてみました。(利用される場合は、あくまでも自己責任でお願いします^^;)

できれば、求人検索して気になる求人票を1~2枚持ったまま職業相談しましょう。見ながら質問した方が、っぽいですからね^^。

もちろん、質問したからといって応募する必要はありません。相談を終えたら「検討します」と一言伝え、用紙にハンコをもらって活動終了です。(気に入ったら遠慮なく応募しましょう!)

以下が相談内容の一例です↓↓

応募状況の確認

○○の求人についてお尋ねします。他に応募されている方や人数、他の職種の内容など応募状況を教えてください。

ただし「募集を未だ受け付けていますか?」だけでは「受け付けていますよ」で終わるため活動として認めらないでしょう(汗)

この質問はオーソドックス過ぎるので、仕事内容を具体的に聞いたり、必要な経験やスキルを掘り下げたり、複数質問を組み合わせた方が無難です。

適性の相談

これまでに○○と、○○と、○○職種の経験があるので、△と△はある程度こなせるスキルがあります。この経験やスキルを活かせる職種は他にありますか?

職種が定まっていない、探してみたけどイマイチピンとくる求人がないとき、他にどんな選択肢があるか聞くのも1つの手です。意外と、「こんな職種もありますよ~」といったプロの意見も聞けたりします。(ひさこも質問をして色んな職種や求人を提案された経験あり)

条件の詳細確認

○○の求人についてお尋ねします。週4回とありますが、5回でも大丈夫ですか?○○代(年齢層)の方は沢山いらっしゃいますか?その他、必要な経験内容やスキルはありますか?など。
○○の資格が必要だとありますが持っていません。資格がなくても応募できますか?また、過去に採用された事例はありますか?

業務内容の詳細確認

WEB関連ということですが、具体的に○○は使いますか?○○に関する知識は必要ですか?どんな仕事内容ですか?営業の場合、ノルマはありますか?など。

職種の絞り込み相談

現在○○と○○、○○の職種で探していますがなかなか絞り込めません。比較的求人数が多くて、条件が良くて、就職に有利なのはどの職種になりますか?また、○○の職種にも興味がありますが求人状況はいかがでしょうか?など。

求人検索方法の質問

ハロワの端末の検索方法について教えてください。絞り込み方や複雑な条件設定のやり方を知りたい。例)キーワード検索の仕方、○○の経験有無、○○の資格が活かせるなど。

希望条件の変更&更新

初回で登録した希望職種や条件面について変更したいのですが。1回5時間希望でしたが6時間へ。週5でしたが週4にお願いします。事務で探していたけど販売も追加したいなど。

履歴書、職務経歴書の質問

履歴書や職務経歴書の添削をしていただく場合、どのようにお願いすれば良いですか?手順を教えてください。(職務経歴書を作成したことがない、ブランクがあって忘れた!など)

気を付けたいのは、「わたし本気です!」を本気で見せてはいけません。未だピンとこないなら、ある程度やる気をみせるだけにとどめましょう。

じゃないと、ハロワの担当者はあなたがマジな人だと見なし、ガンガン求人紹介してきちゃうかも!?(もちろん良い求人があればマジモードに切り替えてね!)

ハローワーク関連セミナーへの参加

出席するだけで実績になるので楽な部類に入ります。

主に2つあります。

予約が必要なセミナー

予め日時や人数が決まっているセミナーです。

所要時間は1時間~半日までイロイロです。

とくに興味のあるセミナーがなければ、拘束時間の短いセミナーを選ぶ手もあります^^

ハロワの担当者に言えば予約を入れてもらえます。

どうしてもいけない場合は、事前に連絡すればキャンセルも可能とのこと。(ハロワによるため要確認願います^^)

出席すると下記のような証明書がもらえました。

求職活動のハンコ代わりになるので大切に保管しておきましょう。認定日に一緒に提出すれば活動実績と見なされます。

セミナー出席証明のハンコ

当日参加OKなセミナー

これはひさこも驚きでした^^

1回30分ぐらいのDVDを視聴したら求職活動としてカウントされます。

しかも、事前予約の必要なし。当日参加OKです!

完全に求職活動カウント用だな~と思われそうですけどね。

ただし、ハロワによってはなかったり、あっても認められなかったりするため確認しましょう。

アプリで求人検索&応募

一番手っ取り早くて簡単なのがやっぱりアプリ。

とくに使いやすかったアプリを2つ紹介しておきますね^^

正社員の求人検索から応募までできるマイナビ転職

マイナビ転職 - 正社員・仕事探し・転職アプリ

マイナビ転職 – 正社員・仕事探し・転職アプリ

posted withアプリーチ

アルバイトの求人検索~応募ならバイトルがGood^^
このアプリを無料でダウンロードする

バイトル - バイトの求人情報・アルバイト探しアプリ

バイトル – バイトの求人情報・アルバイト探しアプリ

posted withアプリーチ

まとめ

失業保険をもらうためには原則2回の求職活動が必要です。

今すぐ就職したい方は自然とクリアできるでしょう。

ところが、しばらく考えたい人、タイミングを計りたい人、じっくり吟味してから決めたい人にとってはけっこうな負担です。

少しでも簡単に楽に活動したいなら、職業相談やセミナー参加、アプリの活用をオススメします。セミナーや求人に目を通したきっかけで就活スイッチが入ることもありますからね。

せっかくもらえる資格があるんです。

しっかり活動実績を作って、手当をもらって、希望通りの仕事をゲットしましょう!

追記:条件の良い求人の探し方

求職活動としても認められる求人応募。

どうせなら条件の良い求人をしっかり見極めてから応募したいものです。

過去に利用したところや、職場の元同僚、転妻から評判の良かったところをまとめました。

1.正社員求人を探すなら、就活や転職向きの「DODA」

ここは定番中の定番。質の高い非公開求人が8割をしめる業界最大手。幅広いジャンルの求人が豊富!

2.初めての派遣、はじめての転職、はじめての業種で探したい人は「リクルートスタッフィング」

口コミや満足度も高い印象。はじめてが不安な方におすすめ。
派遣のお仕事探しならリクルートスタッフィング

3.ITエンジニア、webクリエイターの求人なら業界最大手の「パーソルテクノロジー」

好条件で質の高い求人が多いのでまずはマイページを作っておくとGood!
IT・Web・機電エンジニアの転職・派遣なら

周りを見ると、良い求人を効率よく探したいからと大手3つぐらいに登録して探しています。

1社だけだと求人に偏りがある上に、本当に条件が良いのか比較できませんからね。

かといっていろんなところで探してしまうと時間ばかりかかった上に、条件の悪い求人までつかんでしまうリスクも出てきます。

なので、名の知れた大手3社ぐらいに絞り、短時間で自分に合った条件の良い求人だけを集めたうえで、じっくり比較して1つに絞り込む。

求職活動の手段としてもおすすめの方法です。

■パート、アルバイト探し
このアプリを無料でダウンロードする

バイトル - バイトの求人情報・アルバイト探しアプリ

バイトル – バイトの求人情報・アルバイト探しアプリ

posted withアプリーチ

■正社員求人、検索

大手だけあって、求人の質もいいし、対応もいい。

あまり探すのにパワーや時間をかけたくない方は、こういった便利なツールを活用しない手はないかと思います。

マイナビ転職 - 正社員・仕事探し・転職アプリ

マイナビ転職 – 正社員・仕事探し・転職アプリ

posted withアプリーチ

インターネット応募の中でもアプリは使い勝手が良くて手軽なので、1度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

「次の失業認定日を迎える前に知っておきたい事」

失業認定申告書2回目の手続き、書き方、初回との違いまとめ

「失業保険の注意点を5分でおさらい」
失業保険を貰うには?手続き、失業認定、給付金手当受給の流れ

関連コンテンツPC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク